説明する男性

転職が当たり前の現代

終身雇用神話が崩壊した現代の日本では転職は当たり前のことです。
転職は労働条件を大きく改善する一つの方法なのです。
転職の求人が増加する中で、MRという職業の求人が増加しています。
これはmedical representativeの略称です。
主に製薬メーカーの求人として見かけますが、仕事内容はメーカーが製造した医薬品の有効性や安全性等の情報を収集しメーカーや医師、病院、薬剤師等に情報を提供、伝達する仕事をします。

未経験者でも可です
現在いるMRの半数は文系出身者です。
ですので求人にも未経験者でも可能、文系出身者でも可能という文言が見られます。
医薬品の知識は後からでも身に付きますし、メーカーは現在医薬品の質の向上のためにMRの研修制度を充実させる傾向にあります。
この仕事で一番重要なのは、動物実験、治験を終え認可された医薬品がきちんと問題なく服用されているかを確認するというところにあります。
例えば実際服用してみて初めてわかる問題点、副作用があった場合は速やかに情報を収集し、関係者に情報を提供します。
メーカーが病院や患者との信頼関係を失わないための的確な判断、コミュニケーション能力が要求されます。

処方せん薬局

社会貢献の高い仕事

文系出身者でも医学業界に関われます。
そして社会の発展やヘルスケア分野に携われる重要な仕事です。
現代社会では更に医薬品の質の向上を求める声が大きいため今後も重宝される仕事です。
最近はどのメーカーもMRの育成、研修に力をいれ、さらにいい人材を確保するために多くの求人を出しています。
しかも安定の医療業界での仕事になります。
平均年収ももちろん全体的に高くなっています。
あまり聞きなれない職業ですが、転職を考えている方にはオススメの仕事です。

MRは何か
MR(medical representative)は医薬情報担当者のことを意味します。
以前はプロパーと呼ばれている時代もありました。
病院などでよく見かけますよね。
主な仕事としては、医療機関や調剤薬局に対して適正な医薬品情報を提供したり、副作用情報などを収集・周知させることが挙げられます。
MRは各製薬会社に所属しており、定期的な勉強はもちろんのこと、認定試験に合格する必要のある、非常に倫理観の高い営業職ともいえます。

廊下を歩く男性

転職求人としても人気

薬剤師資格を取得して勤務している人もいますが、医薬品に関してまったく知識のない文系出身者も非常に多く活躍しています。
一からスタートでき、高収入が期待できるため、転職求人として非常に魅力があるようです。
入社すると、まず最初に研修があり、研修で自社製品の特色や注意点・医薬品知識にいたるまで多くの時間をかけて学びます。
最初は難しく感じるかもしれませんが、研修が終わるころには、しっかりとした知識が身につくはずです。
製薬会社は人材育成に熱心ですので、転職が初めてで不安な人でもフォロー体制が整っています。

考える男性

求められる人物

やはり営業職の位置づけなので、コミュニケーション能力は必須です。
転職時の面接などでチェックされているはずです。
また、医療従事者を相手にするため、気配りや相手の行動に合わせて情報活動ができる人は良いパートナーとなれると思います。
一日の時間の使い方がMRに任せられているため、自分自身で行動をきちんと考えられる人は向いていると思います。
転職前の業界は関係ありません。
高い倫理観で病気で悩んでいる患者さんのためにアシストしている仕事です。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
July 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031